© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

フェルデンクライス・メソッドを始めてみたら

 

6年ほど前からフェルデンクライスを始めたことにより、スポーツのあとの

筋肉痛や関節の痛みが気にならなくなって、まだまだ好きなスポーツを

続けられるのをうれしく思っていました。

絵を描く事も長く続けていますが、、眠る前に少しフェルデンクライスの動きをすると、覚めた時ふと新しい絵のアイディアがわくことがよくあります。

2017年4月より、新宿区角筈区民センターでATM(動きによるレッスン)を

始めて、みなさんといっしょに自分のからだをよりよく使えるようになって

きました。

からだのつながり、中心を意識することすることにより、こし・かたなど

の一部だけではなく全体が楽に使えることをみなさんに感じていただいて

います。

フェルデンクライスとヨガ:ブラックバードの会

腰やひざ、体を楽に使おう!

フェルデンクライス・メソッド とは

 

物理学博士モシェ フェルデンクライス(Moshe Feldenkrais 1904-1984)によって

開発されました。

小さなゆっくりした動きによって脳に直接働きかけます。

からだの内側に意識を向け、心身を調和させ

その人本来の楽なからだとこころの状態を作り出すレッスンです。

 

フェルデンクライス博士は教育者・柔道家でもあり、西欧初の黒帯保持者です。

フランス ソルボンヌ大学で物理学博士号を取得したあと、ノーベル物理学者

ジュリオ・キュリーの研究所でも研究にたずさわりました。

自身がサッカーなどの運動中のけがでひざに重い障害を負い、医師から手術しても治る見込みは少ないと告げられました。そこで今までの科学的知識・言語学、人間の動きと発達についての研究などにより、ついに自分で歩けるようになりました。それをもとにそれぞれの人にあったからだの使い方の研究・開発の道に進み、1940年代にフェルデンクライス・メソッドとして体系化しました。

 

Make impossible possible

Possible easy

And easy elegant!

不可能を可能に、可能なことを容易に、

そして容易にできることを優雅に!

  モシエ・フェルデンクライス

 

 

動きの途中でからだ全体に注意をはらい、新しいやりを方試してみる。

「気づき」が生まれます。

A ha!(あ~そうだったのか!)と気づくことにより、からだと脳が

より楽な動き・やり方を学びます。

フェルデンクライス・ジャパン

  • Black Instagram Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now