フェルデンクライスとヨガ:ブラックバードの会

腰やひざ、体を楽に使おう!

フェルデンクライス・メソッド とは

 

物理学博士モシェ フェルデンクライス(Moshe Feldenkrais 1904-1984)によって開発されました。

小さなゆっくりした動きによって脳に直接働きかけます。

からだの内側に意識を向け、心身を調和させその人本来の楽な

からだとこころの状態を作り出すレッスンです。

フェルデンクライス博士は教育者・柔道家でもあり、西欧初の黒帯

保持者です。

フランス ソルボンヌ大学で物理学博士号を取得したあと、

ノーベル物理学者ジュリオ・キュリーの研究所でも研究に

たずさわりました。

自身がサッカーなどの運動中のけがでひざに重い障害を負い、

医師から手術しても治る見込みは少ないと告げられました。

そこで今までの科学的知識・言語学、人間の動きと発達についての

研究などにより、ついに自分で歩けるようになりました。

それをもとにそれぞれの人にあったからだの使い方の研究・開発の

道に進み、1940年代にフェルデンクライス・メソッドとして

体系化しました。

 

Make impossible possible

Possible easy

And easy elegant!

不可能を可能に、可能なことを容易に、

そして容易にできることを優雅に!

  モシエ・フェルデンクライス

 

 

動きの途中でからだ全体に注意をはらい、新しいやりを方試してみる。

「気づき」が生まれます。

A ha!(あ~そうだったのか!)と気づくことにより、からだと脳が

より楽な動き・やり方を学びます。

フェルデンクライス・ジャパン